もう20年ぐらい前の話。

15人ぐらいで4台の車に乗って海に行った。

さんざ海ではしゃいだ俺たちは、帰りはもうクタクタだった。

帰り俺はA B Cの三人と車に乗った。

Aが運転、Bが助手席、Cと俺は後部座席に座っていた。

疲れていた俺とCは途中で寝てしまったようだ。


休憩するためにドライブインに入ったところで起こされた。

すると、Aがやたらと怒っている。

人に運転させといて寝ちまったんだから、怒られて当然だ。

俺とCは素直に謝った。

しかし、Aが怒っているのはそんな理由ではなかった。

Aは、霊感の無い奴は気楽だと言う。

詳しく話を聞くと、長いトンネルに入った時、急にトンネルの証明が点いたり消えたりしたのだそうだ。

Aが「どうなってんだ」と思って隣を見るとBが寝ていた。

Cと俺も寝ている。

霊感の弱い人間は、心霊現象が起きても気づかないと云う。

「これは、霊感の強い自分だけに見えた現象なのか」

Aはそう思って他の車の連中にも聞いてみたが、やはりその現象を見たのはAだけだった。

俺は、急に怖くなって運転を代わった。


そこからは、4人でくだらない話をしたり、ラジオに合わせて歌ったりしながら、にぎやかに帰った。


だって、寝てる間に死んだら嫌だもんな。

























【解説】


Aは幽霊をみたのではなく夢を見ていた。
つまり居眠り運転をしていた。

なので
『俺は、急に怖くなって運転を代わった。 』


そして最後の文で
『だって、寝てる間に死んだら嫌だもんな。』となる