A、B、Cの3人に猟奇殺人者からこう言われた。

「この中のだれかから右腕と左腕を1本ずつ差し出せ。さもなくば全員殺す。」

A「俺は絶対嫌だぞ!お前らがやれ。」

B「じゃあ僕が右腕を切る。」

C「私は左腕を切るわ。」

そして無事2人は生還し、1人は出血多量で死んだ。





【解説】

Bが自分の右腕を、Cが自分の左腕を、切った訳ではない。

BがAの右腕を、CがAの右腕を切った