たとえばむかし、あるところにお城がありました。

なに不自由なく育ったお姫様は幸せであることに飽き,
実験と称しては塔の上から袋詰めの猫を落とし、
その自由落下のなかに生命の意味を見出していたのでした。


もちろん、これはたとえばなしです。


けれども、落とせば落とすほど
お姫様はわからなくなってしまったのです。
「人生って、わからないなあ!」

お姫様は家来に命じて、自分と似た年恰好の12人の娘をさらい、
自分と同じ服を着せ、自分と同じ化粧をさせ、窓から落としました。


12人目を落とし終えたあと、お姫様は
「人生って、わからないなあ!」と言いました。


そしてお姫様は一生幸せに暮らしましたとさ。