都市伝説・意味が分かると怖い話

都市伝説・意味が分かると怖い話(意味怖)を掲載しています。 他にもサイコパス診断なども掲載しています。


皆も経験あると思うけど、「しちゃ駄目だ!」って言われるとやりたくなるじゃん。

で、ガキのころ、親戚が作ってるリンゴを一個盗んで食べちゃったんだよね。

でも食べ終わってからなんか自分が凄い恥ずかしくなってさ。

その後はすぐにバレて凄く怒られたなあ。

「今すぐここから出て行け!」なんて言われちゃってさ。

それからは生きるために俺ちゃんと働いたよ。

そのあと子供を授かったりもしたけど、その子供がまた問題でさ。

上の子が下の子を殺しちゃってね。

ほんとあの時は驚いたなあ。



前の会社で2億の機械を俺のミスでぶっ壊した時

社長はショックで声がでなくなりながらも振り絞るように

「君に怪我がなくてよかった。機械はまた買えばいい」 と言ってくれた

その時、俺はこの社長に一生ついて行くと決意した


A、B、Cの3人に猟奇殺人者からこう言われた。

「この中のだれかから右腕と左腕を1本ずつ差し出せ。さもなくば全員殺す。」

A「俺は絶対嫌だぞ!お前らがやれ。」

B「じゃあ僕が右腕を切る。」

C「私は左腕を切るわ。」

そして無事2人は生還し、1人は出血多量で死んだ。



今日は大事な試験の日。

解答欄を間違えずに、ケアレスミスをしないように慎重に解いてゆく。

しかし俺は名前を記入し忘れていたのだ。

しまった!と気づいた時には手遅れでーー……という所で目が覚めた。

よかった、ちゃんと名前は記入してるじゃん。

チャイムがなったので答案を提出した。


僕は美術室の掃除当番だ。

そこで絵を見た。

女の絵だったが不気味で大きな目で僕を見ていた。

翌日絵が盗まれた。

僕は先生に話した。

「掃除した時はあったのね」

「はい。高価なものなんですか?」

「あれは『眠りに落ちた美女』といって知人が自分の娘の寝顔を見て書いたもの。
特に価値はない」

このページのトップヘ